2010.03.02 (Tue)

編曲とは・・・

編曲とは何でしょうか?
「作曲」という言葉もありますが、「編曲」と何が違うのでしょうか?

作曲も編曲も音楽を作っていくことに変わりはないのですが、一般的には・・・
作曲はメロディー編曲はそれ以外を作っていく事と考えて下さい。

ただ、メロディーだけを考えて作曲と明記するのか、メロディーとコード進行を考えて作曲とするのか、はたまたメロディーとコード進行とそれ以外も全部考えて作曲とするのかは正確には定まっていません。

本来、作曲というものは字のとおり「曲を作る」事を意味しています。
大昔は、編曲も含めて作曲・・・としていました。
その為に、一般的には作曲者が音楽を作っている人だ。もしくは中心人物だ。・・・と考えてしまいますがそうではありません。場合によっては編曲者が音楽を作っている中心人物ということも十分にありえます。

上記に書いたとおり作曲はメロディーだけを考えている場合もあるので、例えばオジサンが酔っ払いながら鼻歌を歌い、それに別の人が伴奏などのそれ以外の音を作ったとしたら「作曲=オジサン」になります。
極端にいえば作曲は誰にでもできる・・・とも言えます。
それとは反対に
編曲は誰にでもできる・・・と言う人は中々いないでしょう。

編曲はメロディーに対して、どのような楽器(編成)でどのようなハーモニーを、そしてどのようなリズムで音をならすのかを考えなければなりません。
その為に編曲は音楽の雰囲気を決定付ける重要な作業となります。

また、上記で示した以外にすでに完成された曲(音楽)をちがった楽器編成や雰囲気になるように考えることも編曲といいます。

編曲はアレンジとも言う(arrangement)。

本ブログでは音楽を作る上で、作曲(メロディーを作ること)よりも編曲(メロディーに音を付けていくこと)がより重要と考えて編曲を学んで行こうと思います。そして編曲も「曲を作ること(作曲)」と考えて進めたいと思います。
編曲  |  コメント(0)

2010.03.04 (Thu)

編曲に必要なこと

前回は「編曲とは何か」を書きましたが、今回はもう少し具体的に編曲するには「何を知る必要があるのか」「何をすれば良いのか」について。

編曲には2つの事が必要です。

・メロディーに音を付けていく
・楽器を知る


メロディーに音を付けていく・・・というのは、以前に和声の項目でメロディーにコードをつけるなどで書いたような事を、もっと深く考えていくことです。その為の基礎知識は【コード】や【和声】で学ぶとして、【編曲】では実際に音を付けていく(足していく)と言うことやってみましょう。

楽器を知る・・・というのは、演奏される楽器はどういう音が出るのか、どういう特徴があるのかを知って、それらを音を付けていくヒントにしようと言うことです。また楽譜も楽器独特のものもあるので知っておく必要があります。
楽器にはさまざまなものがあり、すべてを知ることは不可能なので、自分の好きな音楽に使われている楽器を中心に覚えましょう。

例えば・・・・・

バンドだったら
・ギター
・ベース
・ドラム
・キーボード ・・・など

クラシックオーケストラだったら
・弦楽器群(ヴァイオリンとか)
・金管楽器群(ホルンとか)
・木管楽器群(フルートとか)
・打楽器群(ティンパニとか)
・ピアノ ・・・など
編曲  |  コメント(0)
 | BLOGTOP |