2009.11.09 (Mon)

メロディーにコードをつける

では実際にメロディーにコードを付けて見ましょう。

メロディーにコードを付ける場合、1つの音に対してつける事のできるコードというのは大抵の場合は複数あります。その複数ある中からあなたの好みでどのコードを選ぶのか・・・と言う事になります。

今回は【どの音にどのコードをつける事が出来るのか】を見てみましょう。
ここでまず考えることは、『メロディーはコードの一部である』・・・と言う事です。

例えば、コード=Cはその構成音(ド・ミ・ソ)で出来ているハーモニー(和音)です。なのでメロディーもその構成音で出来ているとハーモニーにマッチする。似合うという考え方です。
実際に楽譜で見てみましょう!

例えば、ハ長調の曲でメロディーに下記のように「ミ」の音が使われていたとします。
和声・コード進行(メロディーにコードをつける)
「ミ」にコードをつけて見ましょう。

①ハ長調の中で使われる7つの和音を選出します。 (わからない人は『音階とコード』参照)
和声・コード進行(メロディーにコードをつける)2


②この中から構成音に「ミ」を含むものを選出します。
「ミ」を含むものは<CとEmとAm>と言う事になります。
これが「ミ」につける事の出来るコードとなります。(下記)
和声・コード進行(メロディーにコードをつける)3


③この3つのコードからあなたの好みや曲の雰囲気に合うものを選ぶ。
・・・・・という感じになります。
③に関しては前のコードやこの後のコードなどの横のつながりによって選んで行くことにもなります。

次回に続く・・・。
和声  |  コメント(2)

*Comment

メロディーやコードは分かるようになったんですが、どういうメロディーにはどういうコードをつければいいのか分からなくて、、、そういうときこのページで分かったのでよかったです♪ほんとにありがとうございますm(__)m
おかず |  2012.04.06(金) 19:02 |  URL |  【コメント編集】

探してた答えがここにありました。。

有り難うございます。。
勉強者 |  2013.05.21(火) 00:35 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |