2009.11.28 (Sat)

和声の連結の第一歩

今回から和音と和音の連結の仕方を見て行きましょう。

まず【C→G→C】というコード進行の演奏を聴いて下さい。
2回同じコード進行を聴いてもらいますが、1回目と2回目の違いに注目して聴いて下さい。
※お使いのブラウザにプラグインソフトがインストールされていません。(参照http://www.apple.com/jp/quicktime/)プラグインソフトをインストール後に問題を解いて下さい。

あまり大きな違いではないのですが楽譜に書くとこんな感じです。
和声の連結1

真ん中のコード【G】を1回目=開離配置にしたものと、2回目=密集配置にしたもの・・・・・の違いです。ソプラノとバスはまったく同じ進行(音)をしています。

さて、皆さんはこの違いをどのように感じましたか?
・・・・・ん~イマイチわかりません???

ではバスは同じなのでバス音を抜いてもう一度聴いて見ましょう。
※お使いのブラウザにプラグインソフトがインストールされていません。(参照http://www.apple.com/jp/quicktime/)プラグインソフトをインストール後に問題を解いて下さい。

下記がバスを抜いた楽譜
和声の連結2

1回目に比べて2回目はGの所が「抜けたような音」「音のボリュームが変わった感じ」・・・こんな風に感じましたが皆さんはどうだったでしょうか?
表現の仕方は色々ありますが、1回目の方が自然で地味な感じ聞こえませんでしたか?

・・・・・では、なぜそのように感じたのでしょうか?
内声に注目して下さい。(内声がわからない人は『四声体』参照)

和声の連結3

1回目は内声(アルトとテノール)がほとんど動きがない・・・・・・のに対して
2回目は内声(アルトとテノール)が大きく上下運動しています。

これが1回目を自然で地味に感じた理由なのでしょうね。

次回に続く・・・。

和声  |  コメント(0)

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |