2010.01.09 (Sat)

音階とコード(6) 四和音

音階とコード(1)~(4)』では1つの調の中で使われる7つのコードを見てきましたが、今度は四和音です。

サンプルは三和音の時と同様に【イ長調】にしましょう。
まず、イ長調の中で使われる7つの三和音は下記でした。
音階とコード(1)イ長調・三和音

これらはイ長調の各構成音の上に1つおきに音を重ねたものでした。
さて、四和音はどうなるのか!?

簡単です!!
同じ要領でもう1つ音を重ねれば良いのです。
こんな感じ↓
音階とコード(6)四和音
簡単でしょ?
これが『イ長調の中で使われる7つの四和音』となるのです。
ただ、四和音は三和音に比べて響きが複雑なためすべての四和音が頻繁に使われるということは多くありません。
やはり和音の基本は三和音味付けに四和音を使うと考えておくと良いでしょう。

最後に実際に使われているコード名を確認しておきましょう。
Ⅰ・・・AM7
Ⅱ・・・Bm7
Ⅲ・・・C#m7
Ⅳ・・・DM7
Ⅴ・・・E7
Ⅵ・・・F#m7
Ⅶ・・・G#dim(-5)7
・・・となります。

この中で最も頻繁に使われるのはⅤのコードであるE7です。
これはどの調でも同じ事で、Ⅴの四和音はとても重要です。
和声やコード進行の項目でもVの四和音は取り入れて行くのでしっかり覚えておいて下さい。
和声の中では、Ⅴの四和音はV7と表記します。Ⅴは三和音を表すので合わせて覚えておくと良いでしょう。
音階とコード  |  コメント(0)

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |