2010.01.25 (Mon)

和音機能

音階とコード」の所で少し紹介した和音機能についても頭に入れておきましょう。
そうすることで今後の理解がとても楽になったりします。
・・・・時々、楽にならなかったりもします・・。

1つの調で使われる7つ和音にはそれぞれ機能名があると書きました。覚えていますか?
大きくわけて3つグループに分けられています。

・トニック(T)
主和音(Ⅰ)をリーダーとするグループで主役のように扱われる和音たち。
ここに属する和音から曲が始まり、ここに属する和音たちで曲が終わる事がとても多い。
一般的には安定した和音と言われている。
ドミナントやサブドミナントの両方に進行する。

・ドミナント(D)
属和音(Ⅴ)をリーダーとするグループでトニックに寄り添うヒロイン的な存在の和音たち。
ヒロイン的な存在のため、トニックへ進行したがることがとても多い。
一般的には不安定な和音と言われている。
トニックに進行する。

・サブドミナント(S)
下属音(Ⅳ)をリーダーとするグループで脇役的な存在の和音たち。
脇役的な存在のため、和音進行を補助する(気のきいたことをする)ことが多い。
一般的には不安定な和音といわれている。
トニックにもドミナントにも進行する


ここで最も注目して欲しいのがドミナントです。
ヒロインであるドミナントは主役であるトニックに進みたがる。(D→T)
これを『ドミナント進行』といい最も多様される進行であり重要な進行です。
とりあえずはドミナントにきたらトニックへ進行と考えて下さい。

和声  |  コメント(0)

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |