2010.05.10 (Mon)

バス課題の解き方(中編)

・・・前回の続き。
②終止形を考えてみましょう。
課題などでは大抵4・8小節が全音符になっていてそこを終止とすることがほとんどです。
(ちなみにバス課題の解説などでは主音で終了するものを基本にしています)

まず8小節目から
さてどの終止でしょうか?(参照「終止形とは」)
・・・と言っても、【Ⅰ→Ⅰ】では終止にならないので【Ⅴ→Ⅰ】しかないですよね。
と言うことでこれは全終止ですね。ただ【Ⅴ7→Ⅰ】にするのか【Ⅴ→Ⅰ】にするのかは考えましょう。
一般的には、【Ⅴ7→Ⅰ】のほうが終止感が強いなんて言われることもあり大抵の課題はⅤ7を使っていますが、好みの問題でもあります。【Ⅴ→Ⅰ】のほうが良いと思えば迷わずそちらを選びましょう。

では4小節目は何終止?
ここも【Ⅰ→Ⅰ】か【Ⅰ→Ⅴ】もしくはしかないので必然と半終止の【Ⅰ→Ⅴ】となります。
下記参照↓↓(Ⅴ7を選んだ場合は限定進行音が2つあります。)
バス課題(例題1)2


③バスと反行するようなソプラノを書いてみましょう。
ソプラノ課題の時と同様で、ソプラノとバスが反行するようなものがしっくりとくる事が多いのでまずは反行をイメージしてみましょう。(特に終止形「3~4小節」や「7~8小節」などでは反行が良いかもしれません。)
こんな感じ↓↓(参照「反進行と斜進行と並進行」)
バス課題(例題1)3

手順⑤へつづく・・・・・。
和声  |  コメント(0)

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |