2009.09.26 (Sat)

音階とコード(4) 主要三和音 (短調編)

(前回の続き)
・・・・・・ですが・・・・・短調の場合、一部特徴があります。

とりあえず「ホ短調の中で使われる7つの和音」は何か見てみましょう。
音階とコード(4)ホ短調

こんな感じなります。
そして短調の世界ではVの和音は長三和音で使われることが多いのです。
すなわちこんな感じ

音階とコード(4)ホ短調・Vの和音
『Bm⇒B』で使われることが多いのでVの和音は長三和音になると覚えて下さい。

実際に使われているコードを見てみると・・・・
長三和音・・・4つ
短三和音・・・2つ
減三和音・・・1つ
となります。
そしてその内の1つ『減三和音』は長調と同様に使われる頻度は少ない傾向にあります。
ということは短調の世界でもやっぱり【長三和音と短三和音で構成されている】・・・と言うことになります。

そして長調と同じく短調の世界でも
T=トニック
S=サブドミナント
D=ドミナント
この3つが主要三和音になります。
今回の「ホ短調」の場合だと Em と Am と B の3つが主要三和音となります。
音階とコード  |  コメント(0)

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |